スポンサーサイト

  • 2008.07.05 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バイトの最後の日

May 16

昨日は1年半以上働いてたファミレスのバイトの最終日。
今日は無事に就職できた託児所での第1日目でした。

昨日は「Mother`s Day」という事もあって
Buffetがいつもより1時間15分早く7:45Open。
おかげで7:00からのシフトでござぃました。
しかも先着15名様に2For1 Buffetのサービスのおかげで
開店すぐに忙しくなるしさー。(゜皿゜)
とにかく、すっごく混みまくって大大大忙しっ。
予約は不可、Buffetのみ、お母さん達にはカーネーション、
チョコフォンドゥ(フルーツをチョコにDipするやつ)。
この日ならではのサービスとかあって・・・。
つねに満席状態で、めずらしく外にまで待つお客様。
母の日だから、家族全員で来るもんだからー。
すっごくすっごく忙しくててんにゃわんや。
フロントもキッチンもスタッフ増やしてましたね。
忙しかったけど笑顔は忘れずに。(゜▽゜)
まぁ、Jenny(調理マネ)の話じゃ$10000稼いだはず。
そうそう、私が最終日だと聞いて話しかけられたー。
ウェイトレスのおばちゃんには「Don`t leave us、XX!」
と泣きまねの顔で何度も言われて。
よくふざけてパンチしあった片付け担当の
高校生のウェイターの兄ちゃんにも
「It`s so sad that you are leaving.」
なんて言われたり。
Hugしてくれた人もいたし、Jennyからもたくさん。
Jennyはバイト先での私の母な人でしたし。
何度も会いに来なさいよ、ご飯食べに行こうって言うし。
そんな多忙な最終日でした。

大忙しEaste Buffet&私の跡継ぎくん

残すところもあと二週末で私はバイトおしまいです。
あ、Mother's Dayに手伝ってほしいって言われてOKしたわ。
頼られてしまうっていいですね〜。うれしい。

で、昨日から私のBuffet RunnerというPositionに
Scottくんというバイトの高校生がやってきました。
私の跡継ぎ!来月からは彼ががんばる。
ServerのTiaってこの弟で、顔がまだ幼さ残る感じ。
この子やれるか?という心配より、
私がちゃんとTrainingできたかが不安。
でも、Scottは私のつたない説明も聞くし、動くし、いい子だよ。
休憩とってもいいといってもとらないしね。
初日・二日目にしてはしっかり働いていました☆

さて、今日はEaster Sundayでした。
Good Fridayから始まりEaster Mondayと連休ですのよ。
月曜は仕事や学校あるところ多いけど。
今日は家族みんな集まったお客さんで混みました、すごく!
9:00AMから始まるBuffetですけど、
9:30AMにはすでに空席を待つお客さんの姿たくさん。
予約だけで200人言ってたらしいよ・・・。
そんなわけでずっと忙しかったのです、てんやわんや。
JennyとScottがいなくて一人だけで働いてたら死んでたくらい。
あれよこれよとBuffetの食べ物がなくなって足しては
別のものがなくなって・・・。きりがなかった。
でも忙しくても疲れてもスマイルスマイル☆
とあるテーブルの赤ちゃんの「Hi!」という笑顔に元気もらって
がんばったがんばった!!
赤ちゃん、かわいかったよぉぉぉ。私が来る度に「Hi」って。
私がキッチンに戻ろうとすると「Bye」って。連続で。
あ、Jeffの元カノレニーン(先週新しい彼氏と食べにきたわ)が
ウサギちゃんのかっこうしてお仕事しました。
あまりのかわいさにHUGしちゃったよー、もー!!
あんま好きじゃなくなっていったけど、かわいさに負けた。
Easter Bunnyになって子どもたちにタマゴの形したチョコ
あげてた。(なんでウサギでなんでタマゴかいまだ分からない)
いいなー、ああいうのやってみたい!!
私、気ぐるみ好きだわ!!

明日は実習先はお休みなので、私も休み。
実際4連休のはずですけど、金曜は父の工場で、土日はバイト。
明日がちゃんとした休みです!!

バイト辞めるんだよぃ

最近、もっぱらバイトの事書かなくなったぁー。
楽しいこといいことはいろいろあるんだけどね。
ほかにもJeffがRenaeと別れただとか、
一度辞め(させられ)たレッドが戻って働いてるとか。
あ、Jimが首になったよー。
いろいろあったなぁー。

最近思うのはマネージャーの息子と娘が成長したってこと。
私が働き始めたおととしの夏は
まだ中学生と小学生くらいに感じたのに。
もう背も伸びて体つきも少しばかり大人っぽくなって。
自分がなんだか親戚のおばちゃんのように
喜びを感じてるのに気づく・・・。(笑)

で、もうすぐ卒業し就職するという理由で辞めます。
Jennyにも告げたし、マネージャーにも承認されたし。
悩んだんだ。週に1にしてまだ続けようかと。
でもね、やっぱ半端にするよりも
休むときは休む遊ぶときは遊ぶ!ってね・・・。
でも辞めたくなかったー、マジで!!
Jennyは相変わらず私を娘のようにかわいがってくれるし。
Jeff(も結局辞めるんだけどまた戻る)も一緒にいて楽しいし。
他のキッチンスタッフともフロントのみんなとも
笑顔で仲良くやっていけてるし。
そして常連で私に挨拶してくれるおじちゃんおばちゃん、
家族連れの赤ちゃんたちなど、うれしいこともたくさん。
主にBuffet担当で調理の腕はぜんぜん上がらなかったけど、
学ぶことはたくさん得たし、いろいろプラスでした。

あと残り1ヶ月。がんばるよー。

Belated Christmas Party

Jan 16
バイト先で遅れたクリスマスパーティがありました。
日曜の夕方で、私はグループプレゼンの準備で
欠席と思いきや遅れて参加できた。
一人だけならゲストとしてつれてきてもOKで彼を強制的に連行
彼は人見知りの為、こういう他人ばっかの場所は嫌うのですが、
レストランのみんなが彼氏彼女とか家族・友達を
連れてくるのに私だけ一人は寂しいし、
彼のことをみんなに紹介したかったので、強制連行でした。
ほんとは顔出し程度だけだったけど、みんなの説得の元、
彼と少し居る事になりハッピー☆
Jennyもすぐ帰ろうとする私にデザートを持ち帰りなさいと持たせようとするし。
すぐ帰ることを告げるとJeffは席を取っておいたなんて言ってくれるし。
Beeは外に居る彼に「XX(彼の名前)! Kutabare! Come in!!」
と大声で呼んでくれて。
他のスタッフも引き止めてくれて・・・。
彼も中に入り、すごくうれしかったわ、でも申し訳なかったけどね。
遅れていったので、食べ物も野菜程度しか残っておらず、
デザートをたんまり食べた(のは私)。
プレゼント交換でお互いのプレゼントを見せ合ったり。
私は甘いお菓子のにおいのリップとBody Care Setを
Kelceyという高校生から。
隣のJeffのプレゼントはサンタの帽子付きのニコチャンマークの
バッグにはいってて、 ニコチャンマーク大好きな私は
目を光らせてくれるように頼んだわさー。で、もらった☆
向かいに座ってたのはDish washerの高校生Ryan。
彼女を連れてきて、腕を肩に回しすごくラブラブで
彼女さんに気遣いもしててびっくり。
普段はめったに口を開かない真面目なめがね高校生だと思ったのに!!
私の苦手なウェイトレスが小さな男の子を連れてきてて、
そのこ沢山泣いてたな。
みんなが居ないところで一人で泣いてて、
近寄って両手を広げたら腕の中に来たぁー。
数秒後、そこから出ようともがかれたけど・・・。可愛い子でした。
結局みんなより先に帰りました。彼は辛そうだったので。
本人の口から「で、俺は何をすればいいの?」「息苦しいんだけど。」
と限界の言葉。いやぁ、つき合わせちゃって申し訳なかった。
彼は私にこのままいていいといったけど、
やっぱなんか気が引けるというか、つまらんというか。
そーんなわけで、Belated Christmas Partyでした。

仕事始めは元旦に

Jan4
大晦日と正月、バイトでした。父と彼は釣りでした。
もともと土日のシフトの身分。大晦日も正月も仕事ですよ。
大晦日はそこそこ混んだけど、正月はすっごく混みくったくた。
集まった家族や親戚同士で食べに来ててすごかった。
11:30の予約の人数の合計が52人って今まで無かったー。
席数は150くらいはあるレストランなのですが・・・。
嬉しかったのは、働いていたDaycareの問題児の子が家族と来てて
「Myles、Do you remember me?It’s XX(私の名前).」
(マイルス、私を覚えてる?XXだよ。)

と話しかけたら
「XX-!」
と私の名を呼び、腕に抱き着きちゅっちゅっしてくれて。
Buffetの食べ物の追加をしてる時もテーブルから呼んでくれて
笑って手を降ってくれて、んもぉーかわいかったわぁぁ。
その子の帰り際にもう一度声をかけ、
「Can I give you a hug?(ぎゅーしていい?)」
と聞いたらギューさせてくれて右耳当たりにちゅっちゅちゅー!
あー、嬉しい再会でした。
それから父と母の知り合いの日本人の方も食べに来てて
普通に日本語で「あけましておめでとうございます」って挨拶。
お辞儀もしました、日本の礼儀ですよねっ。
そーんな仕事始めでした。

困りますっ

Dec18
冬休みに入り週に5日のシフト。
バケツ2こ分のニンジンを切ったり。
平日の昼間のキッチンは静かな人ばかりでつまらないけど。
時給もいつのまにか$8,25になり、嬉しかったり。
包丁でさくっと指を切ったり、大きな鍋の取っ手に触れ火傷したり。
レストランのみんなでSecret Santaとやらをするし。
(くじでひいた名前の人に秘密で$15程度のプレゼントをあげる。)
生きたまま仕入れたロブスターを手でつかんで遊んだり。
(Mitchell(調理)といっしょにロブスターでウェイトレスを怖がらせたり)
Jeffはウェイトレスの彼女とMexico旅行でいないし。
Jennyはいつものように毎日10時間以上労働で忙しそうだし。
相変わらずの楽しいレストランのキッチンでのバイト。

そんな中、事件がっ。(><;)
Jennyが辞める発言っ!!
調理マネージャーでレストランをあそこまで繁盛させたJennyがいなくなる!?
普段から彼女の愚痴は聞いてたけど、
やはり長時間の勤務、忙しすぎる仕事、ついでに店内の噂などが理由。
朝は5:00am前から働き、最近平日のlunch buffetも始まり仕事が増え、
(ただえさえCatering(出前サービス)の調理で忙しい時期なのに)
すごく仲がいい常連の若い男友達との関係を噂され、などなど。
仕事が原因なのか、家族ともうまくいってないJenny。
“Too much”なんだって。いろいろ。
そんな中、新しいウェイトレスの女の人と口論になり。
次の日にAl(マネージャー・店長ね)に辞めると告げたJenny。
もちろんAlは彼女が出て行くのは猛反対。
なんとかして止めようと必死だったわけで。
「いくらほしい?」だとか「ケンカしたウェイトレスを首」だとか。
Jennyはそういうことではないと言ってる。そーですよねぇ。
この日からAlはキッチンに入ってずっとJennyの手伝いをしてました。
Alがポテトの皮剥きとかMeat tray・Fruit trayを作ってるなんて。
Jennyも彼女の仕事の大変さを思い知らせようとこきつかいまくったらしい。
彼女の意志は固いみたい。うーん、私はまだ信じられない。
キッチンスタッフの立場から考えると辞めないで欲しいけど、
日頃彼女の愚痴を聞いてた私の立場だと、辞めて自分の時間を持って欲しい。
旦那さんともすっかり冷え切って、子ども達とも衝突したり離れていかれたり。
レストランではすごく明るくてお客さんからも好かれてるのに。
いろいろ大変な感じのJennyなので、辞めてもいいと思う。
別に経済的に困ってるわけでもないのにあそこまで働くのもね。
でもそれは経営者から考えたらすごく痛い・・・、Jennyはすごくできるから!
JimもJennyが辞めたら辞めると言ってるとか・・・、おいおい。
とにかく、緊急事態です。
個人的には・・・どっちもの味方。かなぁ。
でも、他の人のように止めようとしてないし。
かといって辞められたら困るし。
うーん・・・。

バイト先の嬉しかった出来事

学校の方がすごく忙しいけど
(忙しいくせにはかどってない・汗)
いつもの週末のバイトにはしっかり行ってます。
毎週末、ガンバッテ働いたり、おもちゃにされたり、
お客さんの前で何かやらかしたり、違うこと教わったりしたり。
相変わらず楽しくて大好きなバイトです。
最近は嬉しいことが多くて☆

その1☆「初チップが$50」
毎月末、レストランの方からキッチンスタッフにもチップがもらえます。
ウェイトレス達はお客さんから直にもらえるけど、
私達裏方はお客さんが支払いの時に加えたチップを合わせてみんなで分けます。
で、働き始めた去年の夏は$20〜25程度でした。週末しか働かないしね。
ところが、先月のチップは$50!最高新記録でしたさ。
しかも$50札一枚!いつもよりも封筒が薄いと思ったら。
確かに、以前よりもお客さんの入りが向上してますもんね☆

その2☆「新しい出会い」
元々日系カナダ人が多いこの街。
お客さんの中に日本人っぽい人もめずらしくないんです。
で、一人のおばあさんに話しかけられたんです。
最初は英語でそして私が日本人と分かると日本語で。
そのおばあさんはカナダ生まれの日系カナダ人でカナダで日本語を学んだって。
日本語を話すお友達がいないから、ぜひお茶しに来なさいって。
話を聞くと一人暮らし、先日転んで背中も痛めたらしい。お宅もカレッジのそば。
お互いに連絡先を交換して、おばあさんの家に行く約束をしました。
(ただ、まだその約束は果たせてません、すみません、おばあさん!)
とあるファミレスで働く日本人の私に気軽に声をかけてくれて嬉しかったです。

その3☆「初お客様から直にチップっ!」
フロントに出てBuffetの食べ物の追加とかをします。
もしそのトレイが空でちょうどお客さんがそれを欲しいのなら、
すぐにキッチンに言ってお客さんのテーブルにお持ちします。
だから、時々私はウェイトレスにもなります。ヘアネットしてエプロンで。
先日、Egg rollが都合上(調理が一時egg roll見つけられなくて!)、
Pastaにかわってしまったんだけど、ちょうど女性のお客さんが
egg rollを取りに来て無くてがっくりしてたんで、
キッチンへ行きegg rollをみつけた調理に少しだけ作ってもらうように催促。
で、小さなお皿に盛って、ソースも添えてお客さんのテーブルへ。
その女性は「小さくてかわいいわね。」喜んでくれて。
その後は言うも通り働いてたのよ。
で、追加した後のからのお皿を持ってキッチンへ入ろうとした瞬間、
「これはあなたによ。」って先ほどの女性が私にTownie($2コイン)!
「ありがとうございます!良い一日を!」とお礼する私。蔓延の笑み!
このレストランに1年以上働いてますけど初めてだったのよ!
お客さんから直接手渡しでチップをもらったの。
すごく嬉しくて、そばにいた一番新しいウェイトレスの子に自慢・・・!
で、すぐにJennyにも報告しました。笑って話を聞いてくれて。
その後も他の人にも自慢。「I wanna show you something!」って。
いやぁ、たった2ドルであそこまで喜ぶ23歳もなかなかいないよね。
でも、私の接客を個人的に認めてくれたってのが嬉しかったよ〜。
家に帰っても、彼やみんなに自慢いたしました〜。

この前は初スタッフミーティングに出席・・・。
一度辞めた日にあったけど「辞めるので帰りまーす」と許可を得て欠席。
で、でてみましたがー。週末だけ働く私にとっては半分以上が無関係なこと。
でもたっくさん学べてプラスになりました。うんうん。
マネージャーAlが熱く語る姿は少しビビッタけど。
でも、アイデアを言った人にはAlから$1もらえるというルール付。
私も冷蔵庫の中をもっと整理整頓!って言って$1もらったわぁ。
ミッチェル(調理)もJamie(新しい調理)も専門的な発言しててすごぃ!
ほんと、私は何も知ってなかったなって思ったわ。
ちなみにスタッフミーティングの出席率は3分の2でしたっ。
Sara、Scott(2人とも調理補佐)、そしてJeffが欠席っー。
1時間半のミーティングは、しっかり働いた時間に追加。
結果、この日は9時間半働いたわー。

そんなバイト生活です。

hugしちゃった、得した気分☆

今日は彼のベットの中の彼の上に乗っかりながら
私「あのね・・・ごめん、
今日hug求められて、しちゃった・・・Jeff・・・。(´−`)」

彼「( ̄− ̄)」
私「の彼女ちゃんにっ☆」
彼「( ̄△ ̄;)」
私「一瞬怒った?怒ったぁ?(>m<)」
と、彼をいじめてみました。

はい、今日はJeffの彼女さんにhugしました。
なんか仕事中に嫌なことがあったらしく
キッチンに入ってくるなり彼女(レニーン)は
レ「I need a hug!I need a hug!(hugほしーhugほしー!)」
と両手を広げて求めてました。
で、レストランの中で一番無口でまじめに働く
皿洗いの高校生の子に向かってまた求めてたー。
戸惑うRyan(皿洗い)・・・。
一応hugをしてもらったレニーン。
そこに私が
私「Do you need more?(もっとほしいっ?)」
と両手を広げたらレニーンが抱き着いてきたぁ☆
レニーンって目がぱっちりできれいな女の子なのよぉぉ。
だから、かわいい女の子とhugできて得した気分。(私おっさん?)
彼女曰く、マネージャーのAlに無理な事頼まれてムキー!と。
とま、こーやってレニーンをからんだのは初体験。
むひ。Jeffに自慢してやろうかなぁ。(>m<)
いや、レニーンにキスマークを首筋につけてもらうやつには
くやしくもなんともないべなぁ。
レニーンは私の仕事手伝ってくれて助かったわぁ、良い子だのぅ。
(年はいくつなんだろう・・・。)

今日はbuffet始まって早々、お客様の目の前で
半分のイングリッシュマフィンの上にポーチドエッグをのせて
チーズソース(っぽい)をかけた物を落としてしまい、
床にはびちゃーとなるし、私のシャツの胸元は黄色になるし、
こっぱずかしかったわーーー。(ノ_<;)
テーブルのお客さんにもbuffetテーブルに立ってたお客さんも
「ああ〜」という視線を投げかけてくれました・・・。
常連のおばあちゃんがいるんだけど
お「What happened here!(何が起こったの!)」
と汚れた床を見てました。
幸い落としたのは二個で済んだけど。はずかすぃ。

調理のミッチェルがね、ごみを捨てようとごみ袋を結んでたので
待って!と自分の持ってたごみを捨てさせてもらったの。
で、足を上げてごみ袋に入ろうとしながら
私「I'm coming in、I'm coming in.(私入る、入る)」
としたらミッチェルがウけてくれた。
そしてツっこまず笑い続けてた・・・。
私「I'm not gabege.Stop me!I'm not gabege.
(私ごみじゃないでしょ。止めてよ!ごみじゃないってばぁ。)」

で、更に笑い続けてたミッチェル。
そんなこともありました。

今日も楽しかったー忙がしかったー。

ここでチくる

えーっと、ここでチくらせていただきます。
昨日、Jeffが勤務中にコーヒーにリキュールをいれ飲酒してました。
仕事中はいつでも飲み物のみ放題なんだけど、
コーヒーにお酒を混ぜるなんて・・・。上等だわっ。
J「Don't tell Jenny.(−v−)」
(ジェニーにチくんなよ)

密告はしませんでしたけど・・・。
いいのかっいいのかっ!?( ̄o ̄;)

話は変わり。
調理マネージャーのJennyはいいおばちゃん☆
仕事や娘のぐちを何故かよく私に話すけど。
「You're like my daughter.(^^)」
(あなたは娘のようなものよ。)

と何度も言ってくれます。(・v・)
誕生日を聞いてきてバースデーケーキは作ってあげるだの、
彼氏といつ結婚するのと聞いてきたり。
今日はこんなこと言われました。
私「I don't have money!(−。−)」(お金ないよー!)
J「I can give you a couple hundred dallers.(^o^)」
(200ドルくらいならあげるわよ〜。)

いやいや、こんな日本からきた小娘にそんな大金をぉー。(@。@;)
丁重に断りました、もちろんね。
ほんとイイヒトです。いいおばちゃんです。

Jeff話です、すみません。

今日もいつものように働きました。
違かったのは、ミス続出した事とJeffの親切さ。
なーんか、ミスが多かったのよねぇ。
初っ端から、buffet用の食べ物を保温オーブンから
取り出す時にその下にあったパンケーキを入れ物ごと落とすっ。
めっちゃ、JeffとMichに「あーぁ」という目線をもらった。
私「So sorry!(;_;)」(マジごめんよー!)
J「Oh,XX.That's O.K.(−u−)」
(あーぁ、XX(私)。大丈夫だから。)
といってすぐにパンケーキを作ってくれた。
時間に余裕があって間に合ったさー!仕事増やしてゴメンよぅ。
で、ついでにブラウンシュガーシロップをだすのも忘れて
Casherのおばちゃんに言われて、慌ててだしました。
Buffet始まって30分は経過してたな・・・。
・・・そんなこんなで始まりました。
あ、私以外にもミスった子が!
重ねたお皿を落としてかなりの量を割ったウェイトレスの子は
泣いてました。で、みんな慰めてた。
今日はほどよく満席で土曜日のわりには忙しめ。
日本から移住してきたお客さんに会い、少しお話。
「ごゆっくりしていって下さいね。」と日本語で接客できる喜び。
とある時、JeffがBeeに対してわざとぶっきらぼーに話してて、
B「Why are you grumpy?Do you need a hug?(`〜´)」
(なんでそんなにご機嫌ナナメよー?hug必要なの?)

J「No,I'm not.( ̄− ̄)」(ちげーよ。)
B「XX!Give him a hug!(`▽´)」
(XX(私)!奴にhugしてあげて!)

え、私ですか?(゜▽゜;)
というので、hugしてあげました。後ろから。
食べ物受け取り口からBeeや他のウェイトレスに
微笑ましい光景ねーという視線をいただきました。
そーそーJennyが教えてくれたんだけど、Jeffにnew彼女が!
やっぱり、この前キスしてた新しいウェイトレスだったよ☆
Jenny曰く、前カノと別れてすぐに付き合いはじめたんだって。
ここらへんにいっぱいつけてんのよーと首を指差すJenny。
チェックしたら、2日は経過してるチューマークを1こ発見っ。
Jeff兄さん、気をつけようぜぇ。ひひひ。( ̄ー ̄)
とまぁ、暇ができたらキッチンでセロリを切ってたんだけど、
フライドポテトをつまみ食いしてたら(バレル程度にこそこそね)、
J「Are you hungey?What do you wanna eat?( ̄。 ̄)」
(腹が減ってんのか?何が食べたい?)

と言うことでケセデラ(スペル知らんっ)を作ってくれました☆
予想以上に量があって、食べるのに躊躇してたら
J「Eat it!( ̄ロ ̄)」(食え!)
といわれ、がぶりついたぜぇー!
チキンとトマトとピーマンとたーぷりのチーズがうまー。
で、食べきれず・・・ポテトと小スープも食べてたんで。
そしたらJeffがお持ち帰り用入れ物を置いといてくれたー。
食べながら奴と目が合ったらお礼を言いました。
ちなみに持ち帰ったケセデラは彼とshareしておいしく食べたよ☆
彼も気に入ったみたい。私、一応作れるから彼に今度作る!
で、buffetも終わり、片づけの時間。
いつもは私は余った食べ物を片づけるんだけど、
Jennyが別の仕事をくれた。それは板チョコを切り削るの。
量はさほどなかったけど厚めで、なかなか大変!
右手も疲れ、手はチョコでべたべた。苦戦したわー。(゜−゜、)
そんな私を見てJennyが疲れたらやめていいわよって。
そしたら、自分の仕事を終えたJeffが現れたっ。
そして残りの半分を手伝ってくれたんです・・・ありがてー!
で、挙げ句の果てに帰りは車で送ってもらいました。
2ヶ月前に買った新車を自慢してくれたよ。
私「It's nice.(・v・)」(いいねー。)
J「I know.( ̄ー ̄)」(わかってる)
車の中で、この街の有名なレストランの話題になり。
(その高級ちっくな)レストランに彼と行きたい時は
askじゃなくてtellしろだってよ。
「あそこに行かない?」ではなく「あそこに連れてって!」って。
勉強になりました・・・ふむふむ。
まー、そんなJeffの親切さに触れた日でした。
「Are you ready to be beaten?」(ボコられる準備はいいか?)
と朝っぱらから言われた日でしたが。

ちなみに、この日記は彼が( ̄− ̄)な顔をしそうでちと恐ぃです。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
夢の中のまっすぐな道
夢の中のまっすぐな道 (JUGEMレビュー »)
aiko, 島田昌典, 吉俣良
☆最近の一枚☆
「Smooch!」や「明日もいつも通りに」がお気にですです。
recommend
As I Am
As I Am (JUGEMレビュー »)
Alicia Keys
最近コレばっか。彼女の歌声はきれいだと思う。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM